最高のコーヒー

大勢の人々が洋風のカフェを訪れ、Instagramなどで公開しています。東京のサードウェーブのブームにおいても、完全に把握されていると言ってもいいぐらいです。

日本の伝統的な喫茶店も、トレンディで人気のコーヒー専門店も、「職人技と愛」という共通点があります。そのような中で、サードウェーブ・コーヒーは、コーヒーの伝統を基盤とし、業界の新たな局面や流行を表しています。当サイトは、コーヒーの専門分野に焦点を当てており、街のサードウェーブの先駆けとなった店舗をいくつかをご紹介します。

オニバスコーヒー 中目黒

中目黒エリアは、桜の季節以外にも人気です。有名なこのエリアでは、さまざまな専門のコーヒー店があります。地下鉄中目黒駅の近くにある古家のようなオニバスコーヒー。熱意、技量、そして素晴らしいコーヒーで有名です。1階にはテラスのベンチ、2階にはテーブル席があります。

KOFFEE MAMEYA

とあるコーヒー店が2015年に突然閉店になりコーヒー愛好家たちを悲しませました。2017年1月、この場所にKOFFEE MAMEYAがオープン。この店舗では、まったく新しいレベルのコーヒーを提供してくれます。KOFFEE MAMEYAには10〜15種類のコーヒーのラインナップがあります。じっくり時間をかけてお気に入りの一杯を見つけてみましょう。

また、店内のデザインも、パッケージのデザインもとてもおしゃれです。

The Roastery by Nozy Coffee 

The Roastery by Nozy Coffeeは、渋谷でちょっと一息入れたいときにおすすめです。原宿駅からキャットストリートを徒歩10分の場所にあります。常時 2 種類のシングルオリジンコーヒーから豆をお選び頂けます。

「船頭多くして船山に登る」ということわざがありますが、この店にはこれは当てはまりません。ここは、Nozy CoffeeとTyson&Company共同でできあがりました。その結果は素晴らしいコーヒーであり、インテリアは際立っています。店内はカウンターが並び、大きな倉庫のようなパティオは天気の良い日にウトウトしてしまうでしょう。メニューはとても基本的。エスプレイッソ、カフェラテ、アメリカーノを、2種類のシングルオリジンコーヒーから選択できます。