ブログ

ビールカクテルは当店で! | キリストンカフェ東京

2017.09.27
こんにちは、キリストンカフェ東京です。

 

 

 

本日もお疲れ様でした。

今回は、ビールがベースのカクテルの中でも知名度や人気の高い3種類をピックアップしてご紹介します。


シャンディーガフ


 

ビールにジンジャーエールを併せたカクテル。イギリスではシャンディと呼ばれることもあるそうですが、このカクテルがなぜシャンディーガフと呼ばれるようになったのかは不明のままとなっています。

シャンディーガフの割合はビールとジンジャーエールが1:1で、度数は5度前後と低め。ジンジャーエールがビール独特の苦みを緩和してくれるため、これまでビールを敬遠していた方でも飲みやすいと感じるでしょう。

 

レッドアイ


 

レッドアイは、ビールとトマトジュースを1:1で組み合わせて作ります。赤い目をした二日酔いが飲んでいたことが、レッドアイと呼ばれるようになったきっかけ。トマトジュースの甘酸っぱさがビールの苦みを弱めてくれる、すっきりとした飲み口のカクテルです。

ちなみに、語呂合わせで0と10がレ(ッ)ドと読めること、横向きにした10が目(アイ)に似ていることから、毎月10日は「レッドアイの日」に制定されています。これは、10月10日に制定されていた「トマトの日」がもとになっているそうです。

 

パナシェ


 

「混ぜ合わせた」という意味があるフランス語パナシェは、ビールにレモネードもしくはレモン味の炭酸飲料を加えたカクテルです。1口含むと口の中で泡がシュワシュワと弾け、喉ごしも爽やか。シャンディーガフ・レッドアイ同様、レモンの風味がビールの苦みを和らげてくれます。

正式なパナシェは透明であることが必須、といった定義があるようです。

 

当店でお飲みいただけます




本日ご紹介したシャンディーガフ・レッドアイ・パナシェは、当店でご注文いただくことが可能です。ぜひ、この機会にキリストンカフェ東京でビールカクテルをお飲みになってはいかがでしょうか?

 

 

 

新宿三丁目から徒歩3分。中世ヨーロッパの教会のような空間。

おしゃれでゴージャス、だけど店内は広く、ゆったりしたソファー席が中心となっているので落ち着く空間となっています。

飲み放題付きコースは2980円から。

こだわりの自家製ローストビーフが味わえるプランがおすすめ。

おしゃれでボリュームのあるお料理をお楽しみ下さい。

シーンに合わせて多数ご用意しております。

個室は空き次第で2名様から、貸切は30名様~450名様まで。ご予約はお早めに。

Twitterはこちら

Instagramはこちら

Google+はこちら

電話番号:05073004502

以上、キリストンカフェ東京PR担当でした!

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

キリストンカフェ 東京

住所
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-17-13 オリエンタルウェーブ8・9F
電話番号
050-7300-4502
営業時間
月〜日
17:00〜23:30
(L.O.22:30)

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日
アクセス
地下鉄丸の内線 新宿三丁目駅 徒歩5分
都営新宿線 新宿三丁目駅 徒歩5分
JR 新宿駅 徒歩10分

新宿 女子会 > ブログ > ビールカクテルは当店で! | キリストンカフェ東京