ブログ

この料理の名前ってどんな意味? | キリストンカフェ東京

2017.10.26
こんにちは、キリストンカフェ東京です。

 

 

当店キリストンカフェ 東京ではオシャレなヨーロッパ風の空間に合わせた特色のあるお料理を提供しております。今回は、いわゆる「ヨコ文字」のメニューでどんな料理か気になるけれど、スタッフに尋ねるのはちょっと恥ずかしい...というお客様のためにいくつかピックアップして紹介させていただきます。


牛バベットのファフィータ タコススタイ


当店自慢のメインディッシュとしてご好評をいただいている「牛バベットのファフィータ タコススタイル」ですが、バベットというのは牛の横隔膜のことで、いわゆる「ハラミ」の部分です。また、「ファフィータ」というのはグリルのことですので、ハラミのグリルをタコスのようなスタイルで召し上がっていただくのがこちらのメニューとなります。ジューシーなお肉がたっぷりですがトマトやアボカドといったお野菜も一緒に食べられるので意外とヘルシーなのが特徴のメニューです。



ブルスケッタ 3種盛り合わせ


アボカド& ポテト、茄子とアンチョビ、サルサという3種類の味が楽しめるブルスケッタですが、もとはイタリアのローマ地方の方言で「炭火であぶる」という意味の言葉に由来したお料理といわれています。オーブンで軽く焼いたパンの上に3種類の味わいのソースや具を乗せたブルスケッタはお酒のアテとして優秀なおつまみメニューです。それぞれ味わいのことなるブルスケッタは単品でも注文していただけますので、お気に入りの味を見つけてぜひ「お代わり」もしてみてくださいね。



いかがでしたでしょうか?今回は、ヨコ文字のメニューの解説をさせていただきました。もちろん、スタッフに尋ねていただければ丁寧にご説明させていただきますので、どうぞお気軽に声をかけてくださいね。スタッフ一同皆さまのご来店をお待ちしております。

 

 

 

新宿三丁目から徒歩3分。中世ヨーロッパの教会のような空間。

おしゃれでゴージャス、だけど店内は広く、ゆったりしたソファー席が中心となっているので落ち着く空間となっています。

飲み放題付きコースは2980円から。

こだわりの自家製ローストビーフが味わえるプランがおすすめ。

おしゃれでボリュームのあるお料理をお楽しみ下さい。

シーンに合わせて多数ご用意しております。

個室は空き次第で2名様から、貸切は30名様~450名様まで。ご予約はお早めに。

Twitterはこちら

Instagramはこちら

Google+はこちら

電話番号:05073004502

以上、キリストンカフェ東京PR担当でした!

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

キリストンカフェ 東京

住所
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-17-13 オリエンタルウェーブ8・9F
電話番号
050-7300-4502
営業時間
月〜日
17:00〜23:30
(L.O.22:30)

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日
アクセス
地下鉄丸の内線 新宿三丁目駅 徒歩5分
都営新宿線 新宿三丁目駅 徒歩5分
JR 新宿駅 徒歩10分

新宿 女子会 > ブログ > この料理の名前ってどんな意味? | キリストンカフェ東京