ブログ

スパニッシュオムレツってどんな料理? トルティージャと違うの?

2017.10.31
スパニッシュオムレツをいう料理をご存知ですか?

ジャガイモ、玉ねぎなどを炒め、塩で味付けした卵を混ぜてフライパンで焼いた料理です。オムレツという名前がついていますが、月形に丸めることはしません。両面を良く焼いて、お好み焼きのように仕上げます。

今回は、スパニッシュオムレツの美味しい作り方と、食べられるお店のご紹介をします!


■スパニッシュオムレツの作り方


まずはどんな料理なのか、ご説明します。

スパニッシュオムレツはトルティージャと同じものです。本場スペインでは、トルティージャと呼びます。典型的な家庭料理で、日本の味噌汁に相当します。

作り方はとてもシンプルですが、不思議なことにどの家庭もオリジナルの味を持っています。

本当に簡単にできる料理です。



【スパニッシュオムレツ(トルティージャ) 4人分】

▼具材

ジャガイモ 2個

玉ねぎ 半分

オリーブオイル 適量

卵 5個

塩コショウ 少々

▼作り方

①ジャガイモは皮をむいて、一口サイズに切ります。塩コショウで味付けをし、手で馴染ませます。玉ねぎはみじん切りにしておきます。

➁オリーブオイルをひいたフライパンで、ジャガイモを炒めます。焼き色がついてきたら、玉ねぎを加えます。ジャガイモを少しつぶすように炒めるのがコツです。

➂ボウルに卵を溶き、塩コショウを少々ふります。フライパンの具材とボウルの卵を混ぜ合わせます。このとき、ボウルで混ぜるようにしてください。

➃再びフライパンに戻して火を通します。両面しっかり焼いてください。お好み焼きのように焼きあがったら、出来上がりです。


■アツアツでも冷めても美味しい!


スパニッシュオムレツを食べずして、スペインを離れることはできません。もし、スペインに赴くことがあれば、必ずお店で食べてください。日本で作ったものを比べ、味の違いに驚くはずです。本場には長い時間をかけて育てた味があります。

スパニッシュオムレツは、出来たてでも、冷めた状態でも美味しくいただくことができます。ワインと一緒につまみとして、あるいはパンにはさんでサンドイッチで、そのまま大皿料理としてしっかりと。食べ方は人それぞれです。

バルによっては、玉ねぎがなかったり、ジャガイモが大きかったりします。他の野菜が入っていることも。シンプルな料理だからこそ、作り方次第で楽しみがいろいろですね。


■キリストンカフェ東京はオリジナルのスパニッシュオムレツを提供しています


キリストンカフェ東京では、スパニッシュオムレツを550円で提供しています。ワインやビール、カクテル、ノンアルコールドリンク。どんな飲みものにも良く合う料理です。

おすすめはワイン。当店ではソムリエが厳選した、各種ワインが揃っています。本場スペインに思いをはせながら、当店のスパニッシュオムレツをお楽しみください!

電話:050-7300-4502



キリストンカフェ 東京

住所
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-17-13 オリエンタルウェーブ8・9F
電話番号
050-7300-4502
営業時間
月〜日
17:00〜23:30
(L.O.22:30)

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日
アクセス
地下鉄丸の内線 新宿三丁目駅 徒歩5分
都営新宿線 新宿三丁目駅 徒歩5分
JR 新宿駅 徒歩10分

新宿 女子会 > ブログ > スパニッシュオムレツってどんな料理? トルティージャと違うの?