ブログ

赤く染まったワイン鍋を食べてみませんか | キリストンカフェ東京

2018.02.26
こんにちは、キリストンカフェ東京です。



イタリアでは新年のお祝いに幸福を呼び寄せると言われている赤い色をした料理を食べるという風習があります。イタリアの家庭では、豆類をトマトソースで煮込んだ料理などを食べて新年を迎えるそうですが、本日は、当店でお召し上がりいただける赤い料理「RALポークの赤ワインしゃぶしゃぶ鍋」をご紹介いたします。

 

RAL(ラル)ポークって何?


RAL(ラル)ポーク のRALはスペイン語で「最高位の、王位の」を意味するREAL(レアル)の略です。スペイン産で有名な豚というとイベリコ豚を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。イベリコ豚は、日本国内でも耳にしたり食べることができる飲食店も多いため、多くの方に知られています。

本日ご紹介する、料理に使用しているRAL(ラル)ポークは、同じくスペイン産で、カタルーニャ地方で特に味にこだわりを持つ肉屋が中心となって開発した品種です。肉質の特徴としては、一般的にイメージする豚肉とはまったく異なる、牛肉のような赤い色と、黒豚のような甘味・旨味のあるサシ(脂肪)が入っています。

さらに「ドライエイジング」という肉表面を乾燥させて熟成させる方法をとることで、余分な水分が飛び旨味と香りが内側に凝縮された、柔らかい肉に仕上がっています。

 

ワインでつくる鍋料理は美容に良い




去年の冬から注目され始めたワインの鍋料理ですが、赤ワイン・白ワインそれぞれのワインで異なる美容効果があります。

赤ワインには、ポリフェノールが多く美容に役立つアルコールとしても有名ですが、白ワイン比べて豊富に含まれているビタミンB群が、お肌や粘膜の健康を守る働きをしてくれると言われています。

一方の白ワインは、赤ワインのようなポリフェノールは含まれていませんが、ミネラルのバランスがとてもよく、有機酸が多く含まれています。有機酸とアルコールの力で強い抗菌作用が生まれ、抗菌作用で腸内環境が整い良い状態へ導きます。

美肌を目指すなら赤ワイン、デトックス・腸内環境を整えるなら白ワインがおすすめです。

当店では、赤ワインを使用したしゃぶしゃぶをお召し上がりいただけます。

 

新宿三丁目から徒歩3分。中世ヨーロッパの教会のような空間。

おしゃれでゴージャス、だけど店内は広く、ゆったりしたソファー席が中心となっているので落ち着く空間となっています。

飲み放題付きコースは2980円から。

こだわりの自家製ローストビーフが味わえるプランがおすすめ。

おしゃれでボリュームのあるお料理をお楽しみ下さい。

シーンに合わせて多数ご用意しております。

個室は空き次第で2名様から、貸切は30名様~450名様まで。ご予約はお早めに。

Twitterはこちら

Instagramはこちら

電話番号:05073004502

以上、キリストンカフェ東京PR担当でした!

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

キリストンカフェ 東京

住所
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-17-13 オリエンタルウェーブ8・9F
電話番号
050-7300-4502
営業時間
月〜日
17:00〜23:30
(L.O.22:30)

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日
アクセス
地下鉄丸の内線 新宿三丁目駅 徒歩5分
都営新宿線 新宿三丁目駅 徒歩5分
JR 新宿駅 徒歩10分

新宿 女子会 > ブログ > 赤く染まったワイン鍋を食べてみませんか | キリストンカフェ東京