ブログ

日本と違う?スパニッシュオムレツとは | キリストンカフェ東京

2019.06.3
こんにちは、キリストンカフェ東京です。

 

卵を使った料理は世界各国でたくさんあります。

日本には出し巻き卵焼きや茶わん蒸しなどが代表的ですよね。また、オムレツとケチャップライスを合わせたオムライスも、日本で生まれた洋食です。

オムレツといえば、卵と一緒に牛乳やバターなどを入れて、フライパンでふんわり焼き上げる料理。実は、世界各国でこのオムレツのスタイルは変わってきます。

「キリストンカフェ東京」でもご提供している、「スパニッシュオムレツ」もそのひとつ。

本日は、スペインバルでは定番のメニューになっている、スパニッシュオムレツとはどんな料理かをご紹介します。

 

冷めてもおいしい、スパニッシュオムレツ




スパニッシュオムレツとは、その名の通りスペイン風オムレツのこと。

スペイン語では、トルティージャ・エスパニョーラと言います。トルティージャがオムレツで、エスパニョーラがスペインの、という意味です。

スパニッシュオムレツの特徴といえば、基本的に具入りであるのと、食べ応え抜群の分厚い見た目です。

オムレツの中に入れる具材は、じゃがいもやほうれんそう、たまねぎなどの野菜が一般的です。

具材入りでオリーブオイルを入れたフライパンで焼き上げ、ひっくり返してきつね色になったら完成です。

熱々で食べても、冷めてもおいしいのがスパニッシュオムレツの特徴。

日本ではバルメニューとして知られていますが、スペインでは家庭料理のひとつ。おつまみはもちろん、おかずやサンドイッチの具材としても食べられています。

 

具だくさんのスパニッシュオムレツをご用意しました




当店でご提供しているスパニッシュオムレツは、アボカドポテト、茄子とアンチョビ、サルサと具沢山。食べ応えも抜群ですし、おつまみにぴったりです。

 

新宿三丁目から徒歩3分。中世ヨーロッパの教会のような空間。

おしゃれでゴージャス、店内は広く、ゆったりしたソファー席が中心となっているため落ち着いた雰囲気でお食事を楽しんでいただけます。

多彩なコースのなかでも、こだわりの自家製ローストビーフが
味わえるプランがおすすめです。

おしゃれでボリュームのある料理の数々をお楽しみください。

個室はで2名様より、貸切は30名様~450名様まで。
ご予約承っております。

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

Twitterはこちら

Instagramはこちら

電話番号:050-7300-4502

以上、キリストンカフェ東京PR担当でした。

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。
※記載している内容、コース構成、金額等、実際と異なる場合もございます。詳細は、予約時にご確認ください。

キリストンカフェ 東京

住所
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-17-13 オリエンタルウェーブ8・9F
電話番号
050-7300-4502
営業時間
月〜日
17:00〜23:30
(L.O.22:30)

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日
アクセス
地下鉄丸の内線 新宿三丁目駅 徒歩5分
都営新宿線 新宿三丁目駅 徒歩5分
JR 新宿駅 徒歩10分

キリストンカフェ 東京|新宿 女子会 > ブログ > 日本と違う?スパニッシュオムレツとは | キリストンカフェ東京